fc2ブログ

防音対策

1重目の壁、防音対策作業・・・



外廻り


本来、繊維系断熱材は防湿フィルムにくるまれた製品を施工します。

というのは、断熱性のほかに、室内側からの水分(水蒸気)を

断熱材が含まないようにするためです。

繊維系断熱材は、水分を含むと断熱性能が著しく落ちるからです。



しかし、今回はそれ以上の目的として音を吸音することです。

だから、むき出しになった繊維系断熱材を施工します。

そうとはいえ、水分処理をおろそかにはできません。

防音仕様の換気扇にて処理します。配管貫通部の対策も・・・バッチリ!




内部1重目


内部側にコンパネを張り、ジョイント部は布ガムテープで目張りです。

この後、違う性能をもつ面材を重ねていきます。



音が漏れないように丁寧な施工が絶対です!!




  ← 明日のために応援してくださいね!










関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)