安心で長持ちする家づくり

  • Day:2010.02.02 18:29
  • Cat:建築
安心で長持ちする家づくりとは!?


国は低迷する景気対策として長期優良住宅の普及の促進に関する法律を施行しました。

家を建てる計画をしている方はすごく気になっていることだと思います。住宅版エコポイントも。

税の優遇措置を得られますからね・・・。

住宅ローン減税、登録免許税、不動産取得税、固定資産税。


長期優良住宅の認定を受けるためには、いくつかの認定基準を満たし、

着工前に所管行政庁の認定を受ける必要があります。

この認定申請書類の作成は大変だろうと思います。

というか面倒くさい? 設計をよりよくするために設計する時間が少しでもほしいのに・・・。

こんなこといったら国に叱られますね。認定されなかったりしてね(笑)。

設計図とは別にたくさんの書類が必要だから、

普段家をつくっている大工さん、工務店は苦労するんじゃないかな。

同じように何年か前に住宅性能評価が施行された時の申請作業のことを思い出します。

この時も大変な作業だったからな~


ここで「安心で長持ちする家づくりとは!?」

税の優遇措置を得られるようになったから長期優良住宅にしたいと考えるのはいかがなものかと。

普段からの計画で耐久性のある家を考えること。

地震に配慮した構造、湿気で不快な思いをしない断熱性能のある仕様、

シロアリの害に合わないようにする設計等基本的な性能がある家づくりが必要だと思います!

決して長期優良住宅がいい悪いということではないですよ。

自分たちの安心で長持ちする家づくりで、長期優良住宅にしたいということならいいと思います。

その上税の優遇措置を得られるなんてありがたいことですからね。

これらハード面ばかりではなく、ソフト面も非常に重要です。

自分の家に必要なもの、ことをしっかり知り、適正なもの、ことを選ぶことが大切!

安心で長持ちする家づくり、順番に一段一段階段をあがるようにしていけば自ずとできます。





関連記事

Comment

Re: 奥が深い!
安心で長持ちする家づくりを考えたときに、必要であると思ったら
長期優良住宅の仕様もクリアすればいいのかなって思います。
M香さんがいうように基準が盛りだくさんだよね。
それを整理してまとめ上げて、他の設計条件もあわせて総合的に設計デザインするのがぼくの仕事!なんです。

> 私がもし家を建てるならば、自分の代だけでなく、次の世代も長く使えて、愛されるようなものを作りたいです。
> まさに「安心で長持ちする家づくり」です。

そうだよね!昔の家はしっかり材料を選び大工さんの確かな技術でつくられ、日々の手入れを
してあげてることで更にその家に磨きがかかり風格みたいなものがあったからね。品がよかった。現代の住まいかたに必要な性能を加えた、流行に流されることのない品のある家をつくっていきたいもんです。
  • 2010/02/06 14:45
  • koyama
  • URL
奥が深い!
「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」
というものを初めて耳にしました。というわけで早速調べてみました。
基準がたくさんあって、認定受けるのに大変な感じがしました。
小山さんが言うように、安心で長持ちする家づくりを考えたときに、長期優良住宅は良い制度だと思います。
それに加えて、自分の家に求めるものが一致すればさらにいいですね。
でも、基準が盛りだくさん過ぎて、素人からすると、まとまるのかな・・・って思ってしまいました。(建築士の方に失礼ですね。)

とにかく、家を造るときは、何が必要か、何を求めるかをじっくり考えたいものですね。

私がもし家を建てるならば、自分の代だけでなく、次の世代も長く使えて、愛されるようなものを作りたいです。
まさに「安心で長持ちする家づくり」です。
  • 2010/02/04 22:09
  • M香
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。