完成までもう少し

完成前


足場が解体され、完成までもう少しです。

なかなかいい雰囲気があります。

あとは一部建具の建て付け等を残すところです。


現場のみなさん、もう一踏ん張りよろしくお願いします!




  ← クリックしてね!













スポンサーサイト

出格子

持送り


出格子です。


現代でいえば、出窓ですね。


その持送り部(雲形のところ)。本来のつくりは、もう少し違う納まりになります。


これは枠と一体でつくったもので、大工さんが彫られました。


本物の大工さんは、なんでもできちゃいます。   



すごい。




  ← 明日のために応援してくださいね!












出し梁 と 袖壁

出し梁


屋根軒先の雰囲気がでてきました。

軒の出は1.35mあり、出し梁により持たせています。

これは伝統的な構法でもあり、化粧垂木、広小舞、細小舞といった部材で構成しています。


奥にみえる壁は、袖壁といい、昔は隣家への延焼を防ぐため防火壁の役割をしていたようです。


かべの薄い木は、木摺といい、漆喰壁の最下層の下地です。

この上に何層かのあら壁下地を施し、本塗仕上となります。



これらの構法はあまり見かけられなくなりましたが、そのままではなくても、

現代にあわせたデザインも十分あると思うので残していきたいです。





  ← 明日のために応援してくださいね!








のれん板 と 腕木

のれん板


下屋部の大工工事の様子です。



のれん板(曲線の部材廻り)の雰囲気が良いです。

一本の角材から加工しています。


大工さんの技術がいたるところに光り、なんだか変に落ち着きますよ。







諏訪町通り


ここはおわら風の盆でも知られている諏訪町通り。


雪が積もると一味違います・・・。




  ← 明日のために応援してくださいね!







刻み

材木の刻み作業です。

墨付けした材木を大工さんがのみで心をこめて刻んでいきます。

今回の出し梁、腕木といった部材の仕上がりは、一般住宅とは違い、端部の丸面取り等の仕上がりに

なります。(主に町家、寺社仏閣にみられます) この面取りの仕上がりが、大工さんの腕の見せ所

だと思います。


キザミ01


キザミ02


キザミ03




  ← 明日のために応援してくださいね!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。