FC2ブログ

伊勢神宮式年遷宮

  • Day:2013.04.24 13:06
  • Cat:建築
平成25年は20年に一度の式年遷宮が行われる。

内宮、外宮の神宮には、東と西に同じ広さの敷地があり、同じ形の社殿が新しく建て替えられます。

式年遷宮にかかる費用は、なんと570億円あまりだというから、途轍もないです。

おぉ〜、すげ〜としか言えない・・・

ただ建築の設計を生業とする私には、うれしいこともあり、なぜ20年毎に行われるのか?

これにはいろいろな説があるようですが、その1つに技術を伝承するのに適当な年数だとも。

今は手に技術を持つ職人が少ないです。このままでは日本の木造建築は廃れてしまい、

取り返しがつかないことになってしまうと危惧します。とっても大切なことです。

また、この神の領域に訪れると、ここにしか流れていない、時、空気、音といったものが

身体にすーーっと染み入むいうか、不思議な体験をします。

何度訪れても新しい発見があるのも魅力です。

13042422.jpg

これはある日の早朝に参拝した時ですが、白馬の神馬が神前に見参する光景です。

毎日行われるものではないようで、ラッキーでした。



13042412.jpg

これは神宮内の御神木、空高くにそびえる大木は迫力があります。


年月を重ねた神殿も魅力的ですが、真っ新に白木で造られた神殿もまた違う魅力があると思うと

行かずにはいられないです(笑)






スポンサーサイト

木造住宅の耐震診断

  • Day:2013.04.21 18:00
  • Cat:建築
130421.jpg

最近、木造住宅の耐震性についてご相談を受けることが多いです。
簡単に言うと、今住んでいる家は地震に強いの?ということ。
ここ数ヶ月で大きな地震が県外で数回、富山の小矢部市でも震度4という、
富山では珍しく比較的大きな地震が起きました。
中国四川では、マグニチュード7の地震が起き多くの人々が犠牲になりました。

国は、耐震促進法に基づき、住宅等の建物の耐震化率を平成27年までに少なくとも90%とする目標をあげています。
富山県と市町村は、富山県木造住宅耐震改修支援事業として、耐震改修工事費の2/3、最大60万円まで補助してくれます。ありがたいことです。こういった補助はしっかりと活かしていきたいです。

今住んでいる家を素敵にリフォームことは、補助金を活かして地震に安心して住み続けらえるように構造的に強くすることも肝心です。
その分余裕が出た予算は、より素敵にカッコいい空間づくりに充てられるので、うれしいことです。




住宅リフォーム

  • Day:2013.02.10 17:13
  • Cat:建築
20130210.jpg

先日、住宅リフォーム相談窓口担当者等講習会に出席してきました。

これからはより住宅リフォームの需要が増えてきます。

住み慣れた思い入れがある住まいに住み続けるために、減税、補助や支援制度といったものを有効利用したい。

冬はあったかく、夏は涼しい断熱気密性能、使い勝ってがいい動線計画を十分に向上させ、

カッコ良くて、素敵な空間をつくるために設計、デザインしていきたい!





低炭素建築物新築等計画認定制度

  • Day:2012.12.15 15:55
  • Cat:建築
昨日は「低炭素建築物新築等計画認定制度」のセミナーを受講してきました。

主な内容は省エネ法に基づく省エネルギー基準の見直しで、

住宅、建築物の断熱性能、設備性能を個別に評価する方法になりました。

この制度は12月4日にに施行されており、認定基準は省エネ基準よりエネルギー消費量が

10%以上削減できます。10%といえば大変削減効果がある上、住宅ローン控除1%/10年による所得税減税、

登録免許税の税率0.1%軽減等の税制優遇措置のメリットがあります。

基準としてはいくつかあり、そのひとつ外皮の性能基準があります。

基準の見直しはこれまでの熱損失係数による省エネ基準よりも外皮平均熱貫流率による的を射た基準になったと思います。

熱損失係数は総熱損失量/床面積に対し、外皮平均熱貫流率は総熱損失量/外皮面積によります。

外皮とは、暖冷房する部屋と外気の境界に位置する部位、屋根(天井)・外壁・基礎にあたります。

すなわち熱的境界になりますね。

人間に例えると身につけている洋服です。

今の寒い冬だとダウンジャケットになり、断熱材みたいなものなので寒さから守られていてあったかいですよね。

高断熱の家は当たり前ですがこの制度も利用した快適な家に住まうことにより、

身体、心ともに健康な生活をおくりたいですね。




黄金の茶室

  • Day:2011.10.24 17:31
  • Cat:建築
1110242.jpg

先日、富山市四方の長福寺「黄金の茶室」の見学に行ってきました。

ご住職のお話では、「極楽浄土を現世で体験する空間にしたい」と造られたそうです。

壁、天井、建具は金箔がはられ、床は漆塗りでした。

漆塗りの床に映り込む障子が鈍く屈折する様があの世とこの世の境界のようにも思えました。

これは、なんとも不思議な体験でした。

この空間の大半を占める金箔貼り、漆塗りは、職人さんの丁寧で高度な技の現れでもあり、

目を見張るものがありました。

当初想像していた空間とは違い、心が落ち着き、安らぎを与えてくれる空間でした。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。